« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月25日 (水)

北欧 × 東北 のコーナー

こんにちわ、嫁です。

 

楽しみにしていたドラマ「半沢直樹」も終わり、むすめはんと毎日毎日
欠かさず見ている「あまちゃん」も最終回がせまってます。もうすぐ10月。
仙台の短い秋が始まりつつあります。

 

02
↑ わが家のリビングダイニング ↑

気がついたら、あっという間に「杜の都ぐらし」も1年が経っていました。
引越ししたばかりの頃、なぜか猛烈に暑くて「ここは東北なのか?」と
毎日汗かきながら、荷解きをしたことが忘れられません。

 

01

↑ 北欧 × 東北 のコーナー その1 ↑

インテリアの記事を書くのがひさしぶりすぎて…。
MIAネコ、釜定のこけし栓抜き、イタヤ細工 (左から)。

 

釜定のこけし栓抜きは盛岡を旅したときに、買ったもの。その時の記事★
イタヤ細工は鳴子温泉の帰りに竹細工の里岩出山付近で買ったもの。
こうやって記事にすると買ったときの気持ちとかがふつふつと。

 

 

↑ 見てると欲しくなってきた… ↑

 

03

↑ 北欧 × 東北 のコーナー その2 ↑

初めて挑戦してみた、無印の壁につかられる家具に
忍び駒、Flora (フローラ)、リサの絵本 (左から)。

 

忍び駒は同じく盛岡を旅した時に 「Holz」さんで買ったもの。その時の記事★
忍び駒は昭和41年に年賀切手の図案にもなったそう。ひとつひとつ手作り。
スコープさんで大人気のフローラはたまにお花を飾ってます。
リサの絵本は出産祝いにいただいたもの。

 

↑ 各種そろえてこんな風に並べたいなあ ↑

 

仙台へ来て、いつものように駆け足でいろいろ巡った1年。
1年が経ってようやく落ち着いて生活ができるようになったと思います。

 

そろそろ、むすめはんを起こして、わたしのひとり時間もおしまい。
ご飯作って、食べさせて、トイレ誘ったりバタバタすごしま~す。

↓ ポチっとよろしくお願いします ↓

いつもクリックありがとうございます

今日からテーブルの脇におまるを出しっぱなしにする作戦へと変更。
親のやる気が格段に落ちてきた今日この頃。
仕切り直しかな~、トイレトレーニングも。

| | コメント (0)

2013年9月19日 (木)

最近読んだ本・雑誌2013年9月

こんばんわ、嫁です。

 

今夜は中秋の名月。空を見上げて、ぼーっとお月見。
ただそれだけだけど、落ち着く時間。季節のことを大切にしたり、
素直に感じる気持ち大切にしたいものです。

 

さて、最近読んだ本などの記録…。

 

 

↑ 半沢直樹原作本 ↑

こどもが生まれてから、1時間ものの連ドラを見る習慣?がなくなったので
原作を買って読んでみました!原作とドラマはちょっと違うんだけど、どちらも楽しめる!
キャラがたっていて、どの人にもそれぞれの人生を感じることができたー。
ドラマでは、上戸彩演じる花と滝藤賢一演じる近藤が気になる!!滝藤さんがある日
あまちゃんに出てきてますます気になりました 笑

 

↑ 伊集院静の流儀 ↑

仙台在住と知ってから、読むように。今までは夏目雅子さんの夫で、モテモテの人。
なんてミーハーなことしか知らなかったのですが、本を読んでこういう人モテるよな~と納得。
震災のことを書いたくだりは、読んでいた地下鉄の中で涙がでるのをこらえてしまいました。

 

↑ 朝の時間割 ↑

夏のうちに朝型にしようと思い、読んだ本。好きな天然生活の本とあって、
写真や料理紹介を見ているだけでも楽しい。1日のスタートは朝で決まるなと。
無理なくこういうことができる人になりたいです!!

 

↑ VERY 10月号 ↑

秋になって、全く読んだことのないジャンルに挑戦したくなって購入。
わたしには縁のない世界だろうって思っていたけど、読み応えあり!
生活感がないけど、ママであることを応援してくれる雑誌な気がします。
滝沢眞規子さん、かわいいな~♪

 

↑ Hanako 京都特集号 ↑

この季節になると毎年買ってしまう京都特集。今回は秋に帰省予定があるので
いつもより気合をいれてリサーチしてます♪表紙の雰囲気もいつもとちょっと違うな~。
今の京都は五条通りがホットらしいですよ~。あれもこれも行きたいといつも思うけど
いつもいつも2~3軒しか回れません…汗。

 

以上。

 

なんだかジャンルもバラバラな感じでごくごく個人的な記録に
お付き合いいただきありがとうございました。雑誌はやっぱり
大好きでひとりの時間ができると真っ先に手に取ってしまいます。
秋の夜長にはもう少し小説も読んでいきたいな~と思う今日この頃。
そのためには、何よりもむすめはんの寝かしつけが大切!!

↓ ポチッとよろしくおねがいします ↓

いつもクリックありがとうございます

全く先の見えないトイレトレーニング!
もう、幼稚園でもオムツコースかなと思ってしまいます 苦笑

| | コメント (0)

2013年9月13日 (金)

りんごかご

こんにちわ、嫁です。

 

雨がしとしとの仙台。気温は低いものの、じめじめとしたお天気。
洗濯モノも乾きそうにありません…。

 

弘前では、こぎん刺しにハートを奪われちょこちょことお買いものをしました。
それと合わせてもうひとつお買いもの。博多ぐらしあたりからぐんぐんと
興味を持ち、訪れる各地で必ず探しているものです。

 

それは、昔の人たちの知恵がいっぱい詰まっていると思う 「 かご 」。
 

 

20

↑ りんごかご (青森根曲竹のもの) ↑

 

これっ!ていうものはなかなか出会えないのですが、今回は見つけました!!
りんごの収穫などに使われてきた「りんごかご」。新幹線で青森までやって
きたことなど忘れたふりして買いましたよぉ。(旦那さんはもちろん苦笑…。)

 

19

↑ ていねいな手仕事 ↑

りんごの重みに耐えることができるよう作られているので軽くて丈夫!
冷蔵庫の上に、別府で買ったかごと一緒に並べておいてます。
少しでも生活感が減るように、お菓子なんかがこどもの手に届かないように。

 

別府のかごの記事はこちら → 

 

青森でもかごのある暮らしが少し遠いものになっているのか、
「あっ!りんごかご?昔はりんご入れて土産物として売ってたよー」とか
「りんごかご!なつかしいねえ~」と地元の方にも声をかけていただきました。

 

北欧の白樺モノもいつか欲しいと思うけど、今は日本のモノが一番しっくりきてます。
転勤族はしんどいことも多いけど、こうやって日本各地のいいものに出会える
ってことは本当にしあわせなこと。今は昼寝をしているむすめはんにもそういう風に
いつか思ってもらえたらうれしいなあ。

 

 

  

↑ やっぱり見てしまう楽天。そして、欲しい!! ↑

 

 

↓ ポチッとよろしくおねがしします ↓

いつもクリックありがとうございます

むすめはんのトイレトレーニング。特に進展はなし 笑 
今日もそうじ覚悟の布パンツで頑張ってもらってます…。いや、私が頑張ってます!!

| | コメント (2)

2013年9月 9日 (月)

弘前雑貨屋さんめぐりその2 ~ ステーブルズ ~

こんにちわ、嫁です。

 

ひさーしぶりにスッキリと晴れた月曜日!
今週はいい天気が続くみたいで、うれしいな♪

 

前回につづいて、弘前雑貨屋さんめぐりです。
弘前を訪ねて思ったこと。喫茶店、レトロ洋館、雑貨屋さんが多い!
もうこれは、私の好きな街のポイントばかり。喫茶店では、それぞれの
お店自慢のアップルパイもあり、食べ歩きしてみるのも楽しそう!

 

今回の雑貨屋さんは、green とすぐ近くのお店。

 

23

↑ THE STABLES ~ ステーブルズ ~ ↑

ガラスのショーウインドーから見える店内。外から見ているだけでも
もうワクワクしてしまう作り。白を基調とした内装がとても素敵です。
隣にはギャラリーも併設されていて、新しい出会いもありそう。

 

↑ こちらの号で記事になったお店 ↑

 

そして、わたしが欲しくなって買ったもの。
旅に出ると、一期一会と思い、優柔不断なわたしも財布がゆるんでしまう…。

 

13

↑ lite の髪留め ↑

こぎん刺しの技法を使って作られたもの。
もうとことんこぎん刺しにハートをつかまれております。

 

12

↑ おそろいのトートバックも一緒に ↑

夏に白いシャツと一緒にお出かけしても素敵だし、これからの秋冬に
さし色としてもいいなあ~と思ってます。こちら人気商品のようで、
トートバックはこの色しか残っていなかったのです。でも、うれしいなあ。

 

そして、お店でご紹介いただいた企画展にも行きました。

 

22

↑ 絵本の風景 @松ノ木荘 ↑

福岡→京都→弘前と巡回された企画展 「絵本の風景」。
コド・モノ・コト」というこどもといっしょの暮らしを考えるプロジェクトが
運営されているイベント。むすめはんも絵本をぱらぱらと楽しそうに
展示を見ておりました。

 

 

こどもと一緒にいると、振り回されてイライラしたり、時にへこんだり
今までとは違う感情が出てきて疲れることもしょちゅう。でも、こうやって
新しいイベントに出会えたりして、こどものおもしろい表情と向き合っていると
「あ~、よかったな。しあわせだ。」と心から思えます。ま、こどもも単純ですが
親はもっと単純かなって。

 

そんなこんな楽しい弘前でした。
みなさ~ん!ぜひぜひ行ってみてくださいね♪
ちょっと遠いけど、弘前はこれからりんごもいっぱい採れて
紅葉の弘前城もまたいいみたいです。

 

おしまい

 

○ ●  おすすめサイト ○ ●

「弘前観光コンベンション協会」 http://www.hirosaki.co.jp/web/index.html
ただの観光紹介だけでなく、街歩きのコース紹介やアップルパイ食べ歩きガイド
などいろいろ楽しめます!観光に力を入れているのが伝わってきます♪

 

「おでかけコロカル」 http://colocal.jp/category/mall/odekake/

マガジンハウスが運営しているサイト。それだけにおされー。
ガイド本だけでは物足りないって方にぜひ。青森編もあってこりゃうれし。
日本っていいとこだってもう何度も思うことができます♪

 

↓ ポチッとよろしくお願いします ↓

いつもクリックありがとうございます

2020年東京オリンピックの開催が決まった日。初優勝が見えてきた楽天戦をスタジアム観戦。
雨ざあざあの中 笑 楽天は冠に「東北」とついています。これを機にもっともっと東北が元気に
盛り上がればいいなあ~と思うし、東京オリンピック決定で汚染水問題がいち早く進めばいいなと
心から思います!

| | コメント (2)

2013年9月 3日 (火)

弘前雑貨屋さんめぐりその1 ~ green ~

こんにちわ、嫁です。

 

全国的に雨のお天気が続いていますね。
むすめはんと一緒にはまりにはまっている「あまちゃん」。
今週の放送はいつもとは違ったトーンで、じ~んと見入ってます。
あの日のこと決して忘れてはいけませんね。

 

 

「北欧インテリア」に登録してはいるものの、お出かけやこどもの
話題が中心になっているこのブログ…。今回もまた旅先で出会った
素敵な雑貨屋さんをご紹介します!(インテリア熱が…ちょっと。ごめんなさい) 

21
↑ green @弘前市代官町 ↑

 

旅にでると、おいしいお店と必ずセットで探すのが雑貨屋さん。
雑貨を見て探すだけならネットでもできるけど、お店に行って
店員さんとお話ししたり、日常とは違った雰囲気にはまるってのが
やっぱり好き。お店のレイアウトやインテリアも気になります。

弘前でまず出会ったのがこちらのお店。
下の本で見つけ、気になってました。

 

↑ 北東北へ行くときには必ず読む ↑

付箋をつけたりして、かなり使いこんでます。

 

店内写真はないのですが、こども服から洋服、おもちゃ、食べ物と
雑貨や服が中心のセレクトショップ。こどもがおもちゃで遊べるスペースも
あって、大変ありがたいお店。

 

14

↑ こぎん刺しの小物たち ↑ 

店頭で見て、これはひと目ぼれ!!
グレー × ピンク こういう組み合わせって他では見たことがなく
あれもこれも欲しくなり、本命のキーケースとあわせて、小さなガマ口も
手に取っていました。

 

15

↑ 温かみのある手仕事のキーケース ↑

舞浜時代から使っているディズニーキャラのキーホルダーでは
ちょっと落ち着かない感じがしていたので、迷うことなくキーケースを買い!
どのデザインにするかは、迷いに迷いました 笑

 

16

↑ デザイン違いで選びました ↑

あまりに迷っているわたしを見て旦那さんが…。
「せっかくやし、両方買ったら?弘前もうこれへんかもしれんし。」と。
(やったー!でもわたし、来年弘前城の桜を見る気マンマンですよー!)

 

お店の人に聞くと、「 グレー × ピンク 」は特別にお願いして
作ってもらっているオリジナルだそう。昔からあるものを今の時代にも
使いやすいよう取り入れていくのって時に難しかったりしますが、
こういうのは本当にいいっ♪

 

キーケースは毎日のおでかけに重宝しているし、
がま口はハンコをいれたり、旅行の時のアクセサリー入れにも
いいなあとイメージをふくらませています。

 

桜のイメージだけが強かった弘前。
喫茶店や雑貨屋さん、レトロな洋館も並ぶ素敵な街。
もう少し歩いてみました。

 

つづく…

 

○ ● おすすめサイト ○ ●

旅へ行くときにはいろいろ情報収集も大切。
こちらは写真がとても印象的です!
「行くぜ、東北。」 
http://www.jreast.co.jp/ikuze/index.html

 

 

↓ ポチっとよろしくお願いします。 ↓

いつもクリックありがとうございます

前回のトイレトレーニングには沢山コメントありがとうございました。
何のことなく、平行線が続いてますが、誰もが通る道と思い頑張っていきます♪
一番頑張ってほしい本人は、お腹を出して大の字でお昼寝中。。。

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »